選手村を「水素タウン」に!

 

無題

2020年東京五輪・パラリンピックにおいて、水素エネルギーで
電力などを賄う「水素タウン」を整備する方針を決めました。
水素ステーションを設置し、選手村内にパイプラインを巡らせ、
宿泊棟や運動施設、食堂などに水素を送ります。
各施設に設置する燃料電池で、水素と空気中の酸素を反応させて
電気や熱を生み出し、電力や温水を供給します。
選手らが移動に使う燃料電池バスなどの水素補給にも使われます。

 

世界が注目する五輪を機に水素の安全性・実用性が世界にアピールされることとなるのでは・・?

 

Top